改正によりストレスチェック制度義務化が始まる

ストレスチェック制度の義務化が始まりましたのでその概要とポイントについて解説しています。

何やら新しく始まったストレスチェック制度。しかも義務化だって。一体どのようなものなのか調べてみましたのでご覧ください。

 

ストレスチェック制度を義務づけだとさ

ストレスチェック制度パンフレット画像

ストレスチェック制度とは、労働安全衛生法の改正により、労働者が 50人以上いる職場においては、2015年12月から、毎年1回、ストレスチェック検査を全ての労働者に対して実施するを義務付けた制度です。

 

さらに実施だけでなく、定期に検査及び面接指導の実施状況等について、所轄労働基準監督署長に報告しなければならないこととされています。

 

※ 契約期間が1年未満の労働者や、労働時間が通常の労働者の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者(パートタイム労働者)は義務の対象外となっています。

 

通常の労働者が週40時間勤務であれば、週30時間未満のパートの方は該当しません。つまり「1日8時間、週に3日勤務」であれば該当しないことになります。

 

ストレスチェック制度の目的

労働者のメンタルヘルス不調の未然防止(一次予防)が主な目的としています。理由としては、仕事による強いストレスが原因で精神障害を発病し、労災認定される労働者が、平成 18 年度以降も増加傾向にあるためです。


ストレスチェックとは?

「ストレスチェック」とは、自分がどのようなストレス状態にあるのかを質問票に記入して調べる簡単な検査をいいます。

 

ストレスチェックは誰が行うの?

ストレスチェックは、医師や保健師、厚生労働大臣が定めるストレスチェック養成研修を受けた看護師、精神保健福祉士が行います。

 

ストレスチェック質問表の様式について

国が推奨している質問項目は以下の57項目となっていますが、以下の項目が含まれていれば特に指定はありません。

 

①ストレスの原因に関する質問項目
②ストレスによる心身の自覚症状に関する質問項目
③労働者に対する周囲のサポートに関する質問項目

 

質問表は、紙でもオンラインでの実施も可能です。オンラインの詳細については開発中のストレスチェックプログラムの概要をご覧ください。

 

質問票の内容について

国が推奨している57の質問項目です。

 

【回答肢(4段階)】

  • A そうだ/まあそうだ/ややちがう/ちがう
  • B ほとんどなかった/ときどきあった/しばしばあった/ほとんどいつもあった
  • C 非常に/かなり/ 多少/全くない
  • D 満足/まあ満足/ やや不満足/ 不満足

 

A あなたの仕事についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。

 

1. 非常にたくさんの仕事をしなければならない
2. 時間内に仕事が処理しきれない
3. 一生懸命働かなければならない
4. かなり注意を集中する必要がある-
5. 高度の知識や技術が必要なむずかしい仕事だ
6. 勤務時間中はいつも仕事のことを考えていなければならない
7. からだを大変よく使う仕事だ
8. 自分のペースで仕事ができる
9. 自分で仕事の順番・やり方を決めることができる
10. 職場の仕事の方針に自分の意見を反映できる
11. 自分の技能や知識を仕事で使うことが少ない
12. 私の部署内で意見のくい違いがある
13. 私の部署と他の部署とはうまが合わない
14. 私の職場の雰囲気は友好的である
15. 私の職場の作業環境(騒音、照明、温度、換気など)はよくない
16. 仕事の内容は自分にあっている

17. 働きがいのある仕事だ

 

B 最近1か月間のあなたの状態についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。

 

1. 活気がわいてくる
2. 元気がいっぱいだ
3. 生き生きする
4. 怒りを感じる
5. 内心腹立たしい
6. イライラしている
7. ひどく疲れた
8. へとへとだ
9. だるい
10. 気がはりつめている
11. 不安だ
12. 落着かない
13. ゆううつだ
14. 何をするのも面倒だ
15. 物事に集中できない
16. 気分が晴れない

17. 仕事が手につかない
18. 悲しいと感じる
19. めまいがする
20. 体のふしぶしが痛む
21. 頭が重かったり頭痛がする
22. 首筋や肩がこる
23. 腰が痛い
24. 目が疲れる
25. 動悸や息切れがする
26. 胃腸の具合が悪い
27. 食欲がない
28. 便秘や下痢をする
29. よく眠れない

 

C あなたの周りの方々についてうかがいます。最もあてはまるものに○を付けてください。次の人たちはどのくらい気軽に話ができますか?

 

1. 上司
2. 職場の同僚
3. 配偶者、家族、友人等
あなたが困った時、次の人たちはどのくらい頼りになりますか?
4. 上司
5. 職場の同僚
6. 配偶者、家族、友人等
あなたの個人的な問題を相談したら、次の人たちはどのくらいきいてくれますか?
7. 上司
8. 職場の同僚
9. 配偶者、家族、友人等

 

D 満足度について
1. 仕事に満足だ
2. 家庭生活に満足だ

 

ストレスチェック質問表の回収について

ストレスチェック質問票の回収は、医師、もしくは実施事務従事者が行います。人事権を持つ職員が、記入・入力の終わった質問票の内容を閲覧することはできません。また、結果を入手するには、結果の通知後、本人の同意が必要となります。

 

実施事務従事者とは、実施者のほか、実施者の指示により、ストレスチェックの実施の事務(個人の調査票のデータ入力、結果の出力又は結果の保存(事業者に指名された場合に限る)等を含む。)に携わる
者をいいます。

 

<ストレスチェック結果の通知>
改正労働安全衛生法・第66条の10
2 事業者は、前項の規定により行う検査を受けた労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、当該検査を行った医師等から当該検査の結果が通知されるようにしなければならない。この場合において、当該医師等は、あらかじめ当該検査を受けた労働者の同意を得ないで、当該労働者の検査の結果を事業者に提供してはならない。

 

労働者からみたストレスチェックの気になる点

労働者は、ストレスチェックの回答により、高ストレスと評価されると医師から面接指導を受けるよう勧奨されます。その際に面接指導を受けても、事業者は解雇、契約の不更新、退職勧奨、不当な動機・目的による配置転換または職位(役職)の変更などの不利益な取扱いをしてはならないとされています。

 

また、ストレスチェックや面接指導で個人の情報を取り扱った者(実施者とその補助をする実施事務従事者)には、法律で守秘義務が課され、違反した場合は刑罰の対象となります。

 

改正労働安全衛生法・第六十六条の十
3 事業者は、前項の規定による通知を受けた労働者であつて、心理的な負担の程度が労働者の健康の保 持を考慮して厚生労働省令で定める要件に該当するものが医師による面接指導を受けることを希望する旨を申し出たときは、当該申出をした労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による面接指導を行わなければならない。この場合において、事業者は、労働者が当該申出をしたことを理由として、当該労働者に対し、不利益な取扱いをしてはならない。

 

労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル

 

 

医療関連記事カテゴリー 医療費控除で税金を取り戻そう