人間ドックの費用は医療費控除の対象になりますか

人間ドック費用の医療費控除について解説

このページは、人間ドックは医療費控除の対象になるのかについて解説します。

 

人間ドックは医療費控除の対象になるの?

人間ドックは、健康診断に比べて、項目数も多く、より専門的検査を行ないます。
費用については、健康診断は無料で受診できますが、人間ドックについては健康保険組合によっては補助があるところもありますが、基本は自己負担になります。

 

さて、本題の人間ドックで支払った費用の医療費控除については、通常は対象にはなりませんが、以下の場合には医療費控除の対象になります。

 

健康診断の結果、重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療を行った場合には、その人間ドックは、治療に先立って行われる診察と同様に考えることができるので、そのための健康診断等の費用も、医療費控除の対象に含まれます。国税庁タックスアンサー

 

重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療を行った場合には医療費控除の対象になるという点にご注意ください。

 

所得税基本通達
(健康診断及び美容整形手術のための費用)

 

73-4 いわゆる人間ドックその他の健康診断のための費用及び容姿を美化し、又は容ぼうを変えるなどのための費用は、医療費に該当しないことに留意する。ただし、健康診断により重大な疾病が発見され、かつ、当該診断に引き続きその疾病の治療をした場合には、当該健康診断のための費用も医療費に該当するものとする。

 

ところで、人間ドックと健康診断の違いや費用はどのくらいかかるのかご存知でしょうか。
あまりご存じない方は引き続き以下をご覧ください。

人間ドックと健康診断、特定健診の検査項目の違い

表の特定健診とは、特定健康診査の略で、40~74 歳となる医療保険の加入者(毎年度4月1日現在で加入している人)が対象となっています。

検査項目

基本的な人間ドック

一般的な健康診断

特定健診

身体計測 身長、体重、BMI

胸囲

血圧  

視力  

医師診察  

眼底、眼圧

聴力

呼吸器 胸部レントゲン

呼吸機能検査

 

腎臓

 

尿素窒素、クレアチニン

尿蛋白

尿潜血

尿沈殿

 

糖代謝

血糖、尿等

ヘモグロビンA1c

 

血球

白血球、赤血球、Hb、Ht

血小板

 

肝機能

AST、ALT、γGTP

TBil、LDH、ALP、TP、Alb

膵臓 アミラーゼ

脂質代謝 LDL-c、HDL-c、TG

尿酸  

腹部超音波  

便 便潜血

上部消化管 内視鏡、透視検査

人間ドックの料金について

人間ドックの料金については基本の人間ドックだけという場合と、それに脳ドックやPET・CT検査などを加える場合とでは大きく違ってきます。基本の人間ドックだけならば2万円台~となっています。

 

全国で一番高い人間ドック料金

こちらの「人間ドックのここカラダ」で調べたところ、全国で一番高い料金の人間ドックは、東名古屋画像診断クリニック(愛知県 名古屋市千種区) の「ペア◆成人病総合◆PET/CTがん総合健診+脳・心臓ドック」でした。

 

料金は、842,400円です。ペアとなっていますので、お一人様あたり421,200円です。

 

検査内容は、三大疾病(がん・脳・心臓)の早期発見を目指し、PET/CT,MRI,CT,エコー等の先端機器を組合せた検査。女性:マンモグラフィ・エコーは女性技師が担当。全身を7時間で徹底チェックするコースとなっています。

 

人間ドック以外の検査

病院で受けられる主なドックや検査です。名称や内容は医療機関によって異なります。

 

  • 脳ドック:脳動脈瘤、脳梗塞、脳腫瘍、脳萎縮などの有無を調べます。
  • レディースドック: 一般的な健康診断と婦人科検診(乳がん+子宮がん)を組合わせた検査コースです。
  • 心臓ドック:動脈硬化の危険因子、全身の動脈硬化の度合い、あなたの心臓などの現状を総合的にチェックします。
  • PET検診:PET(陽電子放射断層撮影装置)によるがん検診です。
  • 乳がん検診:マンモグラフィや乳腺エコー、または両方を使った検査です。
  • 子宮がん検診:子宮頸がん、子宮体がんだけでなく子宮筋腫や卵巣嚢腫などの発見のための検査です。
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診

まとめ

人間ドックの費用は医療費控除の対象になりません。
ですが、健康診断の結果、重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療を行った場合。
こういった場合には、治療に先立って行われる診察と同様に考えることができるので、その人間ドックの費用も、医療費控除の対象になってきます。
以上、「人間ドックの費用は医療費控除の対象になりますか」についての記事でした。

 

次のページ→ コンタクトレンズ代金は医療費控除に含めることができるの?

 

医療費控除の確定申告については医療費控除の確定申告はどうすればいいの?をご覧ください。

 

該当カテゴリー:医療費控除
関連カテゴリー:医療費

 

 

医療関連記事カテゴリー 医療費控除で税金を取り戻そう

関連ページ

医療費控除の対象になるものならないもの
医療費控除の対象になるものとならないものについて解説
おむつの医療費控除について
おむつは医療費控除ができるのか
インプラントは医療費控除の対象になるの?
インプラントの医療費控除できるのかについて解説
交通費は医療費控除の対象になるの?
交通費の医療費控除について解説
歯の矯正は医療費控除の対象になるの?
歯の矯正費用は医療費控除の対象になるのか
補聴器の医療費控除と補聴器購入の助成について
補聴器費用は医療費控除の対象になるのかについて解説
コンタクトレンズ代金は医療費控除に含めることができるの?
コンタクトレンズの医療費控除について解説
プロペシアの費用は医療費控除になるの?
プロペシアは医療費控除できるのか
市販薬は医療費控除の対象になるの?
市販薬の医療費控除について解説
整体の医療費控除について
整体の医療費控除について解説
漢方薬の医療費控除について
漢方薬の費用は医療費控除できるのか
予防接種は医療費控除の対象になりますか?
予防接種の料金は医療費控除できるのか
医療費控除の申告期限はどうなっているの?
医療費控除の申告期限について解説
レーシック費用は医療費控除の対象になるの?
レーシックで使った費用は医療費控除できるのか
診断書(文書料)は医療費控除になるのですか?
診断書(文書料)の医療費控除について解説
不妊治療は医療費控除の対象になるの?
不妊治療で使った費用は医療費控除できるのか
介護保険サービスで自己負担した費用は医療費控除になるの?
介護保険サービスで使った費用は医療費控除できるのか
医療費控除の計算だけではダメ!誰が申告するかも大事です
医療費控除の計算と申告する人について解説