レーシック費用は医療費控除に使えるの?

このページは、レーシックの費用が医療費控除できるのかについて解説します。

 

レーシックの費用は医療費控除の対象になるの?

レーシックでかかった費用は医療費控除の対象になるのかどうか。
国税庁の回答によりますと、レーシックは、角膜にレーザーを照射して近視や乱視などを治療し、視力を矯正する手術であり、医師の診療又は治療の対価と認められるため医療費控除の対象になります。

 

同じ目という観点でいけばメガネがありますが、メガネの費用については、近視や遠視で日常生活の不便解消のためにメガネを購入した場合は医療費控除の対象になりません。

 

ですが、白内障等で治療の一環として眼科医の処方せんにより作った眼鏡やコンタクトレンズは医療費控除の対象になってきます。この治療の一環としてという点がポイントになります。

 

レーシックの費用について

レーシックは健康保険が使えないため自由診療になります。そのため、眼科医によって料金はまちまちです。

 

レーシックの費用の内訳としては、検査費用や薬代、手術費用などがあります。安いところでは、両眼で7万円というところもありますが、だいたいは20万円~30万円前後が多いです。

 

ですので、他に医療費がなく、レーシック費用が合計で30万円かかり、保険金などで補てんされる金額が0円だとしたら以下の計算になります。

 

医療費控除の計算式

支払った医療費-保険金などで補てんされる金額-10万円=医療費控除の対象となる金額

 

30万円-0円-10万円=20万円←医療費控除の対象となる金額

 

目安として所得税率が10%ならば所得税が2万円還付され、住民税も2万円減税されますので、あわせて4万円です。

 

税額計算の目安はこちらのページをご覧ください。

 

さらに以下をご覧ください。

レーシックと生命保険の関係

生命保険の入院特約や医療保険に加入している方は手術給付金の対象になる場合があります。
加入した時期によって、対象になるならないがあります。
手術名は「エキシマレーザー角膜屈折矯正手術」になりますので、各自ご加入の保険会社にお問合せください。

 

さて、レーシックの手術給付金が保険会社から支払われた場合ですが、この場合には、医療費控除の「保険金などから補てんされた金額」に該当しますので、医療費から差引くことになります。

 

結局、その分の所得税や住民税の還付金が少なくなってしまう、もしくは申告に該当しなくなることもあります。

 

医療費控除の計算でいつも思う疑問点

なぜ自身で支払っている生命保険や共済から支払われた給付金を医療費から差引かなくてはいけないのか。

 

健康保険等の公的な医療保険から給付されたものなら理解できますが、自分で支払っている保険から支払われた給付金を差引くということに釈然としないものがあります。

 

  • 生命保険から給付金を受け取ったらその分の税金還付が少なくなる。
  • 生命保険に加入していないほうが税の還付が多くなる。

 

たとえば、Aさんは年間の医療費が30万円あって、生命保険から15万円受取りました。
計算すると30万円-15万円(保険等から補てんされた金額)-10万円となり、差し引き5万円が医療費控除です。

 

Aさんは、所得税率が20%に該当するので目安として所得税還付が1万円、住民税減税が5千円、あわせて1.5万円です。

 

一方のBさん。同じく年間の医療費が30万円あって、生命保険には加入していません。
ですから、30万円-10万円=20万円が医療費控除になります。
Bさんも、所得税率が20%に該当するので、目安として所得税還付が4万円、住民税減税が2万円、あわせて6万円です。

 

結果、Bさんのほうが税金の還付は多くなります。
たしかに生命保険の給付金もいれればAさんのほうが多いですが、自分の財布から保険料を支払っているのだから当然です。

 

税金面だけからみればBさんのほうが多くなってしまうのですから、おかしな話しだと思います。
どうも公平な気がしません。

 

ただし、申告の際には、保険から給付金をもらっていても証明書は添付する必要がありません。
また、入院や手術給付金、ガン診断給付金は受け取っても非課税なので、保険会社から税務署に「誰それに入院や手術給付金支払いました」という通知は出していません。ですから、医療費から差し引かないで申告をしてバレません。

 

もちろんそれを勧めるわけではありませんが、この点は制度の欠陥なのか、もしくはそのように抜け道?を作ってあるのか定かではありませんが、なぜでしょうか。

レーシックの医療費控除のまとめ

レーシックでかかった費用は、角膜にレーザーを照射して近視や乱視などを治療し、視力を矯正する手術であり、医師の診療又は治療の対価と認められるため医療費控除の対象になります。

 

以上、「レーシック費用は医療費控除に使えるの?」についての解説でした。

 

次のページ→ 診断書(文書料)は医療費控除になるのですか?

 

医療費控除の確定申告については医療費控除の確定申告はどうすればいいの?をご覧ください。

 

該当カテゴリー:医療費控除
関連カテゴリー:医療費

 

 

医療関連記事カテゴリー 医療費控除で税金を取り戻そう

関連ページ

医療費控除の対象になるものならないもの
医療費控除の対象になるもの
おむつの医療費控除について
おむつの医療費控除について
インプラントは医療費控除の対象になるの?
インプラントの医療費控除
交通費は医療費控除の対象になるの?
交通費と医療費控除について
歯の矯正は医療費控除の対象になるの?
歯の矯正は医療費控除の対象になるの
補聴器の医療費控除と補聴器購入の助成について
補聴器費用は医療費控除の対象になるの?
人間ドックの費用は医療費控除の対象になりますか
人間ドック費用の医療費控除について
コンタクトレンズ代金は医療費控除に含めることができるの?
コンタクトレンズの医療費控除
プロペシアの費用は医療費控除になるの?
プロペシアの医療費控除について
市販薬は医療費控除の対象になるの?
市販薬の医療費控除について
整体の医療費控除について
整体の医療費控除について
漢方薬の医療費控除について
漢方薬の医療費控除について
予防接種は医療費控除の対象になりますか?
予防接種の医療費控除について
医療費控除の申告期限はどうなっているの?
医療費控除の申告期限について
診断書(文書料)は医療費控除になるのですか?
診断書(文書料)の医療費控除について
不妊治療は医療費控除の対象になるの?
不妊治療の医療費控除について
介護保険サービスで自己負担した費用は医療費控除になるの?
介護保険の医療費控除について
医療費控除の計算だけではダメ!誰が申告するかも大事です
医療費控除の計算について