医療費控除の対象となるものならないもの

医療費控除の判定についての項目

毎年、年が明けると医療費控除申告がやってまいります。
そんなときに悩むのが、医療費控除の対象になるのか、ならないのかということです。

 

例えば、オムツ、インプラント、交通費、歯の矯正、人間ドック、補聴器、コンタクトレンズ、眼鏡、はげの治療薬、市販薬、漢方薬、予防接種、レーシック、診断文書料、介護保険の自己負担費用などです。

 

これらについて医療費控除の対象にできる、できないについて解説します。

医療費控除記事一覧

確定申告時期になると不明な点が出てくる医療費控除。何が医療費控除の対象になるのかどうかという点です。そこで、このページでは、医療費控除の対象となる医療費、ならない医療費について解説します。

「おむつ」には、赤ちゃん用とお年寄りなどの要介護者が使うおむつがあります。同じおむつでもどちらかは医療費控除の対象になりません。そこで、このページでは、医療費控除の対象となる「おむつ」と医療費控除申請方法やおむつ使用証明書の料金について解説します。

近年、入れ歯よりも具合がいいと宣伝されているのがインプラントです。保険が使えないため全額自費となるのでかなりの出費が伴います。このインプラントの費用は医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、交通費は医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、歯の矯正費用は医療費控除に該当するのかについて解説します。

このページは、補聴器の費用は医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、人間ドックは医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、コンタクトレンズの購入費用は医療費控除の対象になるのかどうかについて解説しています。

このページは、プロペシアの代金が医療費控除になるのかについて解説します。

このページは、市販薬は医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、整体で支払った費用が医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、漢方薬の医療費控除について解説します。

このページは、予防接種の費用は医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、医療費控除の申告できる期限について解説します。

このページは、レーシックの費用が医療費控除できるのかについて解説します。

このページは、診断書や文書料は医療費控除の対象になるのかについて解説します。

毎年増加している不妊治療の患者。不妊治療には結構なお金がかかります。そこで、不妊治療に要した費用は医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、介護保険サービスで自己負担した金額は、医療費控除の対象になるのかについて解説します。

このページは、医療費控除の計算方法と申告をするにあたって家族の誰が申告をするべきか、また保育料とどのように関係してくるのかについて解説します。