2016年4月から始まった患者申出療養制度とは?

未承認薬等を迅速に保険外併用療養として使用したいという困難な病気と闘う患者の思いに応えるため2016年4月から始まった患者申出療養制度について解説しています

2016年4月から保険外併用療養費のひとつとして、患者申出療養制度が始まりました。そこで、この制度についてわかりやくすく解説します。

 

参考:患者申出療養の概要について

 

保険外併用療養費とは?

まず保険外併用療養費についてご紹介します。
健康保険の使えない治療等を行うと、保険が適用される部分も含めて全額自己負担になってしまいます。

 

しかしながら、「保険外併用療養費(先進医療や医薬品の治験に係る診療など)として並行して行った通常の治療と同じ部分となる診察・検査・投薬・入院料等については、保険が適用できるようにしましょう」というものになります。※保険外併用療養費については健康保険が適用されないため、全額自己負担になります。

 

たとえば、医療費が総額で400万円で、内訳として、100万円は通常の治療費、先進医療費が300万円だった場合。

 

先進医療費300万円については、全額自己負担になりますが、通常の治療費の部分にあたる100万円については健康保険が適用されますから、3割負担の方は30万円になります。

 

よって、健康保険からの負担は、70万円(保険外併用療養費)となり、自己負担額は、300万円+30万円=330万円になります。こういった仕組みが保険外併用療養費の扱いになります。

 

保険外併用療養費には3つある

保険外併用療養費は、大別すると3つの制度があります。

 

  1. 評価療養(先進医療など)
  2. 患者申出療養 ※平成28年4月施行
  3. 選定療養(差額ベッド代、歯科の金合金など)

 

評価療養や選定療養についてはこちらの差額ベッド代や初診時の紹介状など選定療養費と保険外療併用養費について徹底解説!をご覧ください。

 

ここでは、患者申出療養制度について解説になります。

患者申出療養制度とは

患者申出療養制度とは、未承認薬等を迅速に保険外併用療養として使用したいという困難な病気と闘う患者の思いに応えるため、患者からの申出を起点とする新たな仕組みとして平成28年4月から新たに保険外併用療養費に加えられた制度です。

 

患者が未承認薬を使用したいと医療機関に申請し、さらに医療機関から国に申請をします。国が大きな副作用なく効果が期待できると認めれば、できる限り身近な医療機関で治療を行うことができ、通常の治療での診察費や治療費などは健康保険が適用できるようになる制度です。

 

ただし、科学的根拠のない治療は承認されません。また、未承認薬等の費用については、全額自己負担になります。

患者申出療養相談窓口は全国に77病院あります

臨床研究中核病院及び特定機能病院に係る患者申出療養の相談窓口は、平成28年10月現在、全国77病院となっています。詳しくは下記の厚生労働省ホームページでご確認ください。

 

患者申出療養相談窓口設置病院一覧先

 

患者申出療養制度の申請の流れ

初めての患者申出療養を実施する場合には、次のような流れになります。

 

  1. かかりつけ医に相談
  2. かかりつけ医は臨床研究中核病院と連携
  3. 臨床研究中核病院は国に提出する資料を作成
  4. 患者は、臨床研究中核病院を通じて国に患者申出療養を申請
  5. 国は原則6週間で審査を行う
  6. 審査がおりれば臨床研究中核病院や協力病院にて患者申出療養を実施します

 

すでに患者申出療養が行われている前例がある医療を他の医療機関が実施する場合には、以下の流れになります。

 

  1. かかりつけ医に相談(協力医療機関として患者申出療養を実施できるかどうか)
  2. 協力医療機関にて資料の作成
  3. 患者は協力医療機関を通じて臨床研究中核病院に新たな協力医療機関での患者申出療養での実施を申出
  4. 臨床研究中核病院で原則2週間で審査を行う(医療機関での実施体制や設備、専門性などを審査して判断)
  5. 新たな協力医療機関にて患者申出療養を行う

アクサ生命では患者申出療養保険を発売

患者申出療養にて治療を行うと、患者申出療養については健康保険が利用できないため、全額自己負担となり、大きな出費を伴います。そこでアクサ生命では、日本で初めて患者申出療養が保障できるように患者申出療養保険を発売しています。

 

1回の患者申出療養にかかる技術料(医療機関によって異なります)と同額が保障されます。ただし、1回の療養につき1,000万円が限度で通算としては2,000万円が限度になっています。

 

※ 患者申出療養制度の申請を行った全ての治療が承認されるわけではありません。

 

保険期間は5年(自動更新)、保険料払込期間も5年です。
保険料については、医療保険などとセットで加入する商品のため男性・女性とも一律月額400円 (契約年齢0歳~80歳)となっています。

 

興味のある方はアクサ生命のホームページでご確認ください。

まとめ

患者申出療養制度が2016年4月から保険外併用療養費のひとつとして始まりました。
この制度は、ガンなどの未承認薬などを使って治療を行いたい人が、かかりつけ医に申出をし、重大な副作用がなく、治療効果が認められ国から承認が得られれば、身近な医療機関で申しでした治療が受けられるようになる制度です。

 

メリットとしては、患者申出療養は、保険外併用療養費になるため、保険診療部分の費用については、健康保険が適用されますから、混合診療とは違って患者負担を減らせる点があります。

 

以上、「2016年4月から始まった患者申出療養制度とは?」についてでした。

 

該当カテゴリー:医療費
関連カテゴリー:医療費控除

 

 

医療関連記事カテゴリー 医療費控除で税金を取り戻そう

関連ページ

生活保護の医療費はどうなっているの?
生活保護の医療費の仕組みについて解説
医療費の基本:診療報酬とは?どのような内容になっているの
医療費の基本、診療報酬とは?
人工透析の医療費と身体障害者手帳について
人工透析の医療費と身体障害手帳についてのまとめ
難病(特定疾患)の医療費助成のポイント
難病(特定疾患)の医療費と助成について解説
子どもの医療費助成とはどういうものですか?
子どもの医療費とは?
70歳以上の医療費はどうなっているの?
70歳以上の医療費の仕組みについて解説
切迫早産の入院費用と生命保険や高額療養費など知っておくべきポイント
切迫早産の費用と生命保険、高額療養費について解説
差額ベッド代と選定療養費について徹底解説!
差額ベッド代や初診時の紹介状など選定療養費と保険外併用療養費などついて解説
ジェネリック(後発)医薬品とはどういうお薬なの?
ジェネリック(後発)医薬品について
医学管理料とはどういうもの?概要や診療点数について
医学管理料の概要や診療点数について解説
下肢静脈瘤の手術費用はどのくらいなの?高額療養費と生命保険からの給付について
下肢静脈瘤の手術費用は生命保険から支払われるのか
初診料と再診料の計算や点数と同日2科目受診について解説
初診料、再診料、同日2科目受診、診療時間外の加算について
歯医者の初診料はいくら?2016年の料金。再診料計算はこうする
歯医者の初診料と再診料計算、歯科診療報酬について解説しています。
一般病棟の入院基本料や加算点数はどうなっている?
一般病棟の入院基本料や加算点数について解説
白内障の手術費用は生命保険から受取れるの?高額療養費はどうなっているの?
白内障の手術費用は生命保険から給付されるのか、高額療養費はどうなっているのかについて解説
白内障の眼内レンズは多焦点レンズがいい!?
白内障で用いる多焦点レンズについて
集中治療室(ICU)の費用(料金)はやはり高かった!
集中治療室(ICU)の費用(料金)について解説
必ず知っておきたい診療報酬請求の流れ。図解しています
診療報酬請求の流れを図解
初診時に歯石取りで支払った料金はこんな感じだった
歯医者に行って支払った初診料とその他の料金についての体験談です。
抜歯のため支払った再診料はこんな感じだった
今回は親知らずの抜歯です。その処置と支払った再診料についての記事
投薬報酬と調剤報酬は違いますよ。概要と点数について解説
投薬報酬と調剤報酬は別のもので違います。ここでは、調剤報酬についての概要と主な投薬点数を掲載しています。
脳ドックの費用はいくらかかるの?どんな検査か知りたい方のページ
脳ドックについての概要と費用はどのくらいかかるのかについて調べてみました。
東京で受けられる低価格な脳ドックランキング
東京で受けられる低価格な脳ドックを掲載しています
ひとり親家庭の医療費助成
ひとり親医療費助成について
医療費の自己負担はどうなっている
医療費の自己負担
高額療養費の申請
高額療養費の申請について