初診時の歯石取りと支払った料金

 

昨年7月頃のことですが、左上の奥歯に歯間ブラシをあてたときに痛いことがありました。それも数日続いたので、「もしかして虫歯?」なんてことが頭をよぎったので、10年ぶりくらいだったと思いますが、嫌いな歯医者に行き診察をしてもらいました。

 

そのときの診察では、「歯石はありませんし、違和感のある歯はその周りの歯肉の炎症なので、薬(抗生剤)を飲めば治りますよ」という先生の見解でしたので、治療もなく1回で終了となりました。
自分では虫歯だと思っていたので、まさか1回で終わるなんて思ってもみませんでしたし、しかも歯石がないなんてこと自体に驚きましたし、治療がいらないのでほっとしたのも覚えています。

 

ところが、1年が経過し、今月(平成28年7月)に入って、昨年と同じ個所である左上の奥歯が水を飲んだ時にしみるようになりました。2、3日経過を見ましたが、このままほっといて悪化させるのも嫌でしたので、予約を取ってから歯医者に行ってきました。

 

でも昨年とは違い別の歯医者にしました。というのも昨年の歯医者で言われた歯石がないという部分にいまひとつ納得がいってかったからです。そこで、今回は新たな歯医者での体験とそこで支払った初診料やその他の費用についてまとめてみました。

 

ネットで見つけた初診のための歯医者

今回、歯医者はネットで検索して探しました。
普通は歯医者を探すのに「地域名+歯医者」で検索すると思いますが、私は虫歯の診断や治療にこだわりのある歯医者を選びたかったので、虫歯関連で検索して見つけました。そこで見つけたのが「ダイアグノデント」という装置です。そこでこの装置が備わっている歯医者を調べてみることにしました。

 

「ダイアグノデント」とは、レーザーで虫歯の診断が行える最新型の虫歯判別装置です。これにより、触診やX線の診断よりも高い確率で初期虫歯を発見できるようです。

 

ダイアグノデント+近隣の地域名で検索してみた

この「ダイアグノデント+近隣の地区」で検索してみたら、意外にも車で40分ほどのところにありました。ホームページも見てみると、「最新設備で痛みの少ない方法にこだわっている」ということで、すぐにネットから予約をすませました。

初診はアンケートに記入する

昨年行った歯医者も初診ではアンケート記入がありましたが、今回の歯医者もアンケートがありました。そのアンケートの中に興味のある項目がありましたので取り上げてみました。それが「治療費用についてのお伺い」という項目です。

 

  1. □保険治療を希望
  2. □担当医と相談してきめる
  3. □自由診療を希望

 

昨年行った歯医者では、保険治療を希望にチェックを入れましたが、今回は、「担当医と相談してきめる」にチェックをしました。

 

この項目は、うがった見方をすれば、保険治療を希望の患者と自由診療を選択した場合には接し方や担当医が違ってくるのではないかという点です。

 

実際には、どうなのかわかりませんが、歯医者も商売でやっているわけですから、こういった違いは当然ながらあるのではないでしょうか。

 

初診時の治療

今回は、すべての歯と歯石のチェック、及びレントゲンを撮りました。
昨年の歯医者では「歯石はありません」と言われましたが、今回は「歯石がガッチリ」とついています」と言われました。(ショック)
昨年は10年間、歯医者に行かず歯石はありませんと言われたのに、あれから1年で歯間ブラシも使っているのに歯石がガッチリついているなんて、「やはり昨年の歯医者は藪医者だったのか?」なんて思いました。

 

レントゲンの結果、左奥歯に親知らずが残っていて、その隣の歯との間が虫歯になっているということでした。親知らずは残しても今後も隣の歯によい影響は与えないので抜歯しましょうということになりました。

 

でも今回は、歯石取りだけで、次回の治療で親知らずを抜くことになりました。

歯医者に支払って初診料

歯医者領収書

 

支払った料金は、初診料も含めて合計11,270円の料金ですが、国民健康保険を使っているため3割負担となり、3,380円でした。内訳は下記の明細書でわかります。

 

歯医者明細書

 

【明細書】
初診:234点
歯科外来診療環境体制加算:25点
歯周基本検査(20歯以上):200点
画像診断・パントモ(電):402点
処置・スケーリング:66点
処置・スケーリング加算:38点
歯周基本治療処置:10点

 

合計:1127点
1点が10円なので11,270円になります。

 

歯科外来診療環境体制加算とは?
歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び感染症対策としての装置・器具の設置などの取り組み体制や施設基準を満たしている歯科医院に対して加算できる点数です。

 

歯医者初診料の関連ページ

 

次回の治療は、親知らずの抜歯です。これについては、抜歯のため支払った再診料はこんな感じだったをご覧ください。

 

以上、「初診時に歯石取りで支払った料金はこんな感じだった」です。

 

該当カテゴリー:医療費
関連カテゴリー:医療費控除

 

 

医療関連記事カテゴリー 医療費控除で税金を取り戻そう

関連ページ

生活保護の医療費はどうなっているの?
生活保護の医療費について
医療費の基本:診療報酬とは?どのような内容になっているの
医療費の基本について
人工透析の医療費と身体障害者手帳について
人工透析の医療費と身体障害手帳について
難病(特定疾患)の医療費助成のポイント
難病(特定疾患)の医療費と助成について
子どもの医療費助成とはどういうものですか?
子どもの医療費について
70歳以上の医療費はどうなっているの?
70歳以上の医療費
切迫早産の入院費用と生命保険や高額療養費など知っておくべきポイント
切迫早産について
差額ベッド代と選定療養費について徹底解説!
差額ベッド代や初診時の紹介状など選定療養費と保険外併用療養費などついて解説
ジェネリック(後発)医薬品とはどういうお薬なの?
ジェネリック(後発)医薬品について
医学管理料とはどういうもの?概要や診療点数について
医学管理料の概要や診療点数について解説
下肢静脈瘤の手術費用はどのくらいなの?高額療養費と生命保険からの給付について
下肢静脈瘤の手術費用は生命保険から支払われるのか
初診料と再診料の計算や点数と同日2科目受診について解説
初診料、再診料、同日2科目受診、診療時間外の加算について
歯医者の初診料はいくら?2016年の料金。再診料計算はこうする
歯医者の初診料と再診料計算、歯科診療報酬について解説しています。
一般病棟の入院基本料や加算点数はどうなっている?
一般病棟の入院基本料や加算点数について解説
白内障の手術費用は生命保険から受取れるの?高額療養費はどうなっているの?
白内障の手術費用は生命保険から給付されるのか、高額療養費はどうなっているのかについて解説
白内障の眼内レンズは多焦点レンズがいい!?
白内障で用いる多焦点レンズについて
集中治療室(ICU)の費用(料金)はやはり高かった!
集中治療室(ICU)の費用(料金)について解説
必ず知っておきたい診療報酬請求の流れ。図解しています
診療報酬請求の流れを図解
抜歯のため支払った再診料はこんな感じだった
今回は親知らずの抜歯です。その処置と支払った再診料についての記事
投薬報酬と調剤報酬は違いますよ。概要と点数について解説
投薬報酬と調剤報酬は別のもので違います。ここでは、調剤報酬についての概要と主な投薬点数を掲載しています。
患者申出療養制度とは?
2016年4月から始まった患者申出療養制度について解説しています
脳ドックの費用はいくらかかるの?どんな検査か知りたい方のページ
脳ドックについての概要と費用はどのくらいかかるのかについて調べてみました。
東京で受けられる低価格な脳ドックランキング
東京で受けられる低価格な脳ドックを掲載しています
ひとり親家庭の医療費助成
ひとり親医療費助成について
医療費の自己負担はどうなっている
医療費の自己負担
高額療養費の申請
高額療養費の申請について