医療費控除の申告と医療関連について知る学ぶサイト

医療費控除と医療費関連について知る学ぶ

医療費控除とは

医療費には、ドラッグストアで購入したかぜ薬、胃腸薬、絆創膏、湿布薬。歯医者やクリニック、病院で支払った初診料、再診料、手術費などがあります。これらは、1年間分をまとめてもたくさんの医療費を支払っていない方もいます。しかしながら、家族全員となるとまとまった金額になることがあります。

 

もしもその金額が10万円以上(総所得が200万円未満の方は総所得の5%の金額)あれば、「医療費控除」が使えます。控除とは、収入から差引くことができることをいいます。その結果、所得税や住民税の引下げにつながります。

 

控除といえば医療費控除の他には、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、確定拠出型年金控除、雑損控除、障害者控除、寡婦控除、寡夫控除、扶養控除、配偶者控除などがあります。

 

給与所得者であれば、社会保険料控除や生命保険料控除、地震保険料控除などは年末調整により税金の過不足は清算されます。そのため一般的には確定申告は不要ですが、医療費控除等は税金の還付を受けるために申告が必要です。

 

※平成29年1月1日から「セルフメディケーション税制」が始まりました。これによりドラッグストア等で購入したスイッチOTC医薬品の金額が合計で10万円以下でも一定以上の金額ならば医療費控除が適用されるようになります。詳しくはこちらのセルフメディケーション税制の記事をご覧ください。

 

つまり、給与所得者ならば所得に対して予め差引くのが所得税になりますが、医療費を1年間どれだけ使うのかは人それぞれ違います。ですから、それを見越して税金を差引くことはできません。

 

そこで、「家族で一定額以上の医療費を使った方は、自ら確定申告して納め過ぎた税金の還付を受けてくださいね」ということです。

インプラントは医療費控除の対象になるの?

歯の矯正は医療費控除の対象になるの?

インプラント

インプラントの費用は医療費控除の対象になるのかどうかについて解説しています。続きを読む

歯の矯正

歯の矯正費用は医療費控除の対象になるのかどうかについて解説しています。続きを読む

人間ドックの費用は医療費控除の対象になるの?

予防接種は医療費控除の対象になりますか?

人間ドック

人間ドックの費用は医療費控除の対象になるのかどうかについて解説しています。続きを読む

予防接種

予防接種の費用は医療費控除の対象になるのかどうかについて解説しています。続きを読む

医療費控除について

医療費控除とは、支払った医療費は所得から控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

 

では、ここでいう医療費とはどういうものを指すのかですが、主に以下のものになります。

 

医療費控除の対象になるもの

  • 医師に支払った診療費や治療費
  • 診療や治療を受けるために直接必要な、義手、義足、松葉杖、義歯などの購入費用
  • 治療又は療養に必要で購入した医薬品
  • インプラントの費用
  • 出産費用
  • レーシックの費用
  • 通院のために要した交通費
  • おおむね6か月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合のおむつ費用

 

これらの費用は、生計を一にしている方の医療費はまとめて申告することができます。
生計を一にしているとは、家族だけでなく、親が別に暮らしていても療養費を送金しているとか、子どもに学費を送金している場合なども生計を一にしているにはいります。

 

以下の計算式により、マイナスにならなければ申告ができます。

 

医療費控除の計算式

1年間に支払った医療費の合計額-保険金などで補てんされる費用-10万円(総所得が200万円未満の場合は5%)=医療費控除額

 

尚、医療費控除の最高額は200万円です。

 

以上が、医療費控除の概要です。さらなる詳細は各ページをご覧ください。

 

 

医療関連記事カテゴリー 医療費控除で税金を取り戻そう